うつ病の治療薬であるSSRI、SNRIについて

うつ病の治療薬であるSSRI、SNRIとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
従来の「三環系」「四環系」と呼ばれる抗うつ薬は、副作用が大きく、また、脳に及ぼす影響も広範囲にわたるため、うつ症状そのものに及ぼせる効果も限定的で、回復が遅くなっていました。こうした副作用を抑制し、セロトニンに対して効果的に作用するよう改良されたのが、SSRI、SNRIと呼ばれる抗うつ薬です。ここでは、それらについて解説していきます。

SSRIについて


脳内のニューロンから放出されたセロトニンは、「セロトニン受容体」という器官から吸収され、効果を現します。しかし、うつ病によって、脳内のセロトニンそのものの分泌が少なくなってしまっていて、セロトニン受容体から吸収される絶対量そのものが減ってしまっています。

スポンサーリンク


通常、セロトニン受容体で吸収できなかった残りのセロトニンは、セロトニントランスポーターより再吸収され、再利用されますが、SSRIはその再吸収だけを阻害する薬です。再吸収されないことにより、そのまま残るため、吸収できるセロトニンは残ることになり、相対的にセロトニンの数を維持するという仕組みで、セロトニン不足を補うメカニズムになります。副作用は、以前の薬と比べて減りましたが、薬を止める時の断薬症状が特徴的で、「セロトニン症候群」とも呼ばれます。日本では4種類の薬が認可されています。

SNRIについて


SSRIをさらに進化させたものです。メカニズムはSSRIと同様に、セロトニンの再吸収を阻害することに加えて、ノルアドレナリンという神経伝達物質の再吸収も阻害し、相対的な脳内での濃度を維持します。ノルアドレナリンは、興奮神経に影響を与えるもので、意欲や気分を向上させるため、セロトニン増加による抑うつ症状の改善とともに、前向きに物事を取り組むエネルギーを増やします。日本では2種類の薬が承認されていて、副作用や離脱症状も、従来の「三環系」「四環系」と比べても少ないと言われていますが、やはり個人差があり試してみないとわかりません。

SSRI、SNRIともに以前の抗うつ薬と比較しリスクは低いものになっていますが、ならばそれを優先的に使えばよいというものではなく、効果には個人差があり、従来のもののほうが効果のある人もいます。効果をピンポイント的、効果的に与えるので、その意味では服用してみる価値はあるといえます。


スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加