うつ病の男女比について

うつ病の男女比とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
うつ病になる人には男女差があるのでしょうか。厚生労働省の調査によると、男性よりも女性のほうがなりやすいようで、女性の患者さんは男性の2倍程度だといわれています。もちろん、この数字は病院などからの数字によるものですので、病院にかかっていない人を考えると、実際に男女の割合がどのくらいになるかかは正しくはわかりません。しかし、女性のほうが男性よりも多いというのは間違いなさそうです。

なぜ女性がうつ病になりやすいか


それではなぜ、女性のほうがうつ病になりやすいのでしょうか。遺伝病などと違い、先天的な要因でなりやすいというわけではありませんが、女性特有の、言い換えれば男性にはない問題がそこになあります。

スポンサーリンク


まず、月経です。月経の際は、ホルモンのバランスが崩れ、心身共に不調になることはよく知られています(個人差はあります)。メンタルの落ち込みもその時に起こりやすく、月経時にストレスなどの要素がかかると、うつ病への圧力となってしまいます。また、ライフステージ上の問題もあります。妊娠、出産などは女性にしかない問題ですし、それが体へ与える影響ももちろんですが、「マタニティブルー」に代表されるように、メンタル面での影響も大きいのです。出産後も、子育てのストレスがありますし、夫の協力が得られないなどの要素が加わると、さらにリスクが増大します。かつては、親と同居し子育てする家庭も多く、親の協力も得られやすい環境にありましたが、核家族化によってなかなか難しい現状があります。以上、身体的な側面と、生活的な側面で、うつ病のリスクが男性に比べて女性は多いのです。

男性のうつ病は増加している


では、男性は安心してよいのでしょうか。答えは「否」です。雇用環境、労働環境の悪化によって、社会生活上のうつ病要因が増大しています。これは男性に限ったことではありませんが、女性のうつ病が減る要因ではなく、男性のうつ病が増える要因が多くなってきていると捉えましょう。絶対数として、女性に男性が迫っているというイメージです。また、希死念慮によって行動を起こして可能性は女性よりも男性のほうが高く、注意が必要です。リスクという意味では、性別を問わず、重大な問題で、うつ病は減っていないということを理解するべきです。


スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加