うつ病とセロトニンの関係について

うつ病とセロトニンの関係とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

ここで、改めてうつ病とセロトニンの関係について整理しておきましょう。うつ病は、強いストレスや長時間の労働、精神的なショックなど様々な要因で、脳内にあるセロトニンという神経伝達物質の分泌が減り、脳内の働きが正常に行われることができなくなるため生じる「脳の病気」です。

さまざまな悪い症状は、セロトニンの不足によって、神経の動きがおかしくなることと、ほかの神経伝達物質であるドーパミンやノルアドレナリンとセロトニンとのバランスが崩れるため、前者の働きが過剰になり、「暴走」して引き起こされるものの双方によって生じます。

セロトニンが司るもの


セロトニンは脳内のシナプス器官にある神経伝達物質で、神経間の情報を伝達します。主に、体のリズムの制御や精神の安定を司っていて、これが正常に作用することによって、さまざまな問題に落ち着いて取り組むことができます。

また、胃腸などの消化器系の働きや、睡眠の周期、血管系の安定などにも寄与していますし、ほかの神経伝達物質である、ドーパミンやノルアドレナリンを制御します。

言い換えれば、セロトニンは心身の活動の「ブレーキ」役であもあるのです。うつ病は、そのブレーキが壊れ、制御が効かなくなってしまっている状態と考えるとわかりやすいです。

お分かりだと思いますが、うつ病の代表的な症状は、上記のセロトニンが制御すべき機能が果たされなくなり、機能不全や過剰反応から引き起こされるものばかりです。

また、セロトニンは脳だけではなく、腸などの内臓にも存在します。うつ病が食欲不振や下痢などを伴うのは、脳からの信号がおかしくなるだけではなく、直接的に関連する臓器が不調になることも影響しています。

セロトニンを増やし正常にするために


おかしくなったセロトニンの働きを正常にするため、うつ病の治療は行われます。抗うつ薬でとりあえずセロトニン不足を補いながら、他の薬で副作用や関連症状を緩和していきます。薬だけで治る場合もありますが、多くの場合、生活習慣や思考などを改善し、トータルでうつ病に取り組んでいくことになります。

セロトニン不足という概念自体、じつはまだ仮説の段階です。従って、薬一本に頼らず、いろいろな目線でこの病気に向かい合って克服することが求められています。


スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加