うつ病と脳内物質の関係について

うつ病の人の脳はどんな物質が不足している?

このエントリーをはてなブックマークに追加
うつ病は、気合や根性で何とかなる病気では決してなく、脳の病気です。脳の病気には、脳の血管が詰まってしまう脳梗塞や、脳が小さくなってしまうアルツハイマー病などがありますが、うつ病の場合、脳内の神経伝達物質が不足してしまうことによって引き起こされるといわれています。そこで、どのような物質が不足すると起こるのか、以下で記します。

モノアミン仮説とうつ病


実は、正確なうつ病のメカニズムは科学的に証明されておらず、仮説に基づいて、投薬や治療が行われています。仮説に基づいた治療で改善する人が多いので、そうであると考えられていますが、未知の部分があることは承知おきください。その仮説とは「モノアミン仮説」と呼ばれ、脳内の神経伝達物質が不足することでうつ病が起こるというものです。

スポンサーリンク


人の行動を司る脳内の神経細胞は、「シナプス」といわれる器官で連結していて、そこで神経情報をやり取りすることによって、人は正常な感情の下、意欲的に行動をすることができます。そのやり取りに必要なエネルギーとなる物質が不足してしまうことで、正常な神経細胞の動きができなくなり、うつ病の症状が起きます。その神経伝達物質全般を、「モノアミン」と言い、具体的には、「セロトニン」「アドレナリン」「ドーパミン」などからなるものです。特に、セロトニンの不足が、うつ病の症状の発生に大きいとされています。うつ病の薬は、主にこのセロトニン不足を解消するための効果があるものを特化して、製薬されているものです。

神経伝達物質だけでは説明できない部分もあり


しかし、セロトニンなどの脳内神経伝達物質の減少だけで、うつ病の発生を説明できないとする説もあります。臨床検査によって、モノアミンが減少した人が必ずしもうつ病になるわけではないことや、モノアミンを増加させない薬でも、うつ状態を改善させるものがあり、実際は、それ以外の脳内物質も含めて複雑に絡み合った結果として、うつ病になるのではというものです。しかし、現在の医学ではここまでのようで、「対処療法」として、モノアミン、特にセロトニンを増加させるという考え方で治療が行われています。


スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加