うつ病のモノアミン仮説について

うつ病のモノアミン仮説とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
うつ病が、脳内の神経伝達物質、特にセロトニンが不足して、結果としてさまざまな症状が出てしまうというのは広く知られています。しかし、正確に原因を立証したものではなく、いくつかの臨床での効果から、「そうだろう」と言われて、それに基づいて薬や生活習慣が考えられているもので」、実は仮説に過ぎません。これを「モノアミン仮説」と言い、うつ病は、セロトニンを含むに脳内の神経伝達物質「モノアミン類」の異常から引き起こされるのだというものです。仮説ですので、これの反証となるような研究もあり、うつ病の全体像はまだつかめていません。

モノアミン仮説の歴史


もともと、うつ病に対する薬はなく(というかうつ病そのものがわかっていないのですから)、1950年代に結核の薬や統合失調症の薬として開発されていたものに、うつ症状に効果があるのではないかとして、見出されたのがきっかけです。

スポンサーリンク


わかりやすく言い換えると、ED治療薬のバイアグラはもともと心臓疾患の薬の副作用でED改善効果があるとわかり、改良されたのと同じと考えてください。うつ病に効果があるのでは?と判明してから、その薬への研究が進み、どうやら、脳内の神経伝達物質の、シナプスへの再取り込みを阻害し、神経伝達物質が増加する効果があると判明していきます。そこから、神経伝達物質が増加する→うつ状態が改善する→うつ病は神経伝達物質の低下が原因ではないか、という論理で仮説として立てられたわけです。その中で、モミアミン類のうちどれを増やすのが効果的なのか、あるいは、どれがいちばんうつ病に影響を与えているのかという流れで、セロトニンが特に重要な神経伝達物質ではないかと判断され、セロトニンを増やすような現在の抗うつ薬が開発されていく流れになりました。

モノアミン仮説への反証


仮説であるがゆえ、それでは説明がつかないのではないかという反証も存在します。例えば、シナプス間のセロトニン不足が原因なのであれば、それを補給する抗うつ薬を飲めば、即効性があるのではないか(現状は効果が出るのに数週間かかる)というものもありますし、プラシーボ効果の実験でも抗うつ薬が完全に優位であるといえないものもあります。プラシーボ効果の実験とは、グループに分け、抗うつ薬とそうではないが抗うつ薬と偽って服用させ、回復の程度を見るのですが、抗うつ薬ではないほうのものを飲んだ人でも、回復している人もいるので、結果として絶対的に抗うつ薬の論理だけではないのでは?というものです。


スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加