うつ病のメカニズムについて

うつ病のメカニズムとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
うつ病は精神病と言われていますが、決して精神論で治るものではなりません。「気持ちが低い」とか「甘えているだけ」という批判を簡単にする人がいます。うつ病になったことがない人にはそう映るのも仕方ない面もありますが、うつ病の人には非常に酷な話です。うつ病は脳の病気なのです。

どうしたらうつ病になるのか


うつ病は脳の病気と書きましたが、通常の人の場合、脳内で、感情や身体の症状を処理するための物質の伝達や、それによる電気信号の処理が行われています。それらが適切に行われて処理できることで、精神面、身体面での平衡が保たれ、通常の日常生活を送ることができます。うつ病の場合、そのやりとりに活躍する、脳内の神経伝達物質が減少し、正常に作用しなくなることから引き起こされます。

スポンサーリンク


セロトニンの減少


脳の神経間には「シナプス」という隙間があり、そこを情報伝達物質が行き来し、やり取りをすることで情報が伝わり、正常な体の作用へつながります。うつ病になると、特に重要な「セロトニン」という物質に異常が起き、少なくなり、正しく作用しなくなります。結果的に、神経間の情報のやり取りがおかしくなり、結果として「うつ症状」と呼ばれる症状などダメージが目に見える形で体に出てきます。どうしたらうつ病になるのか、正確なメカニズムはまだ解明されていません。同じ状況下でも、うつ病になる人とならない人がいます。個人の体質や生まれ持った性格、物事への考え方などがさまざまに影響し合って、うつ病を引き起こしてしまいます。

現状のうつ病対応策


完璧な治療法がないため、今のうつ病治療は、効果があるとされる「抗うつ薬」を飲みながら、症状の改善を待ちつつ、十分な休息を取るという対処医療法になっています。抗うつ薬にもさまざまあり、効く人、効かない人、そして多くの場合、改善効果よりも如実に現れる「副作用」に苦しむこととなります。この副作用が曲者で、多くの人がそれを抑えるために、別の薬を服用するという悪循環に陥ってしまっているのが現状です。


スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加