プロバイオティクスについて

プロバイオティクスでうつが治る?その驚きの効果とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロバイオティクスとは、人体に良い影響を与えてくれるビフィズス菌や乳酸菌などの腸内細菌のことですが、これらの腸内細菌(善玉菌)を増やすことでうつ病が治ったケースは非常に多く、薬に頼らない最も有効なうつ病の治療方法として世界中で注目されています。

腸内の善玉菌


「腸内細菌とうつ病は関係ないのでは?」と思われたかもしれませんが、脳内神経伝達物質のセロトニン(不足するとうつ病の原因になる脳内物質)の生成には腸内細菌(善玉菌)の助けが必要であり、両者を切り離して考えることはできません。

うつ病と脳内神経伝達物質のセロトニンについて


うつ病と腸内細菌(善玉菌)の関係について詳しく説明をする前に、まずはうつ病の正体について正しく理解をしましょう。うつ病とは、脳内神経伝達物質の一つであるセロトニンが極端に不足してしまうことが原因で発症する脳の病気です。

セロトニンは精神の安定に必要な脳内物質で、脳内で分泌量が増えると幸せな気持ちになれることから”幸せホルモン”とも呼ばれています。脳内でセロトニンが不足すると、精神状態が安定しなくなり、抑うつ気分に悩まされるようになります。この状態がうつ病です。

脳とセロトニンとうつ病


尚、日本国内で認可されている全ての抗うつ薬は、作用機序は異なりますが、脳内のセロトニンを増やすことで抑うつ気分の改善をします。

セロトニンの90%は腸にある


セロトニンは人体内に約10mg程度しかありませんが、その内の約90%は腸内にあります。脳内のセロトニンは全体の2%に過ぎません。ただ、腸内にあるセロトニンは血液脳関門(脳の検問所)を通過できないため、脳まで届きません。

そのため、うつ病と腸内のセロトニンは、ずっと無関係だと考えられてきました。しかし、最近の研究で、セロトニンの前駆物質である5HTPも腸内にたくさん存在しており、腸内細菌(善玉菌)が5HTPを脳まで送る役割を担っていることがわかりました。

腸と脳のセロトニン


腸内のセロトニンは血液脳関門を通過できないため脳までは届きませんが、セロトニンの前駆物質である5HTPは血液脳関門を通過できるため脳まで届きます。

腸内に存在している5HTPは、腸内細菌(善玉菌)の力を借りて血液を通して脳に運ばれ、脳内でセロトニンに変わります。つまり、腸内細菌(善玉菌)が多ければ、それだけ脳内でセロトニンが多く生成されるため、抗うつ薬を服用しなくてもうつ病を治せることがわかったのです。

うつ病の人のほとんどは便秘や下痢に悩まされている


そもそもなぜうつ病とプロバイオティクス(腸内細菌)の関係が注目されるようになったのか?その理由は「うつ病に悩んでいる方のほとんどが便秘や下痢に悩まされている」というデータがあったからです。

つまり、うつ病の人のほとんだどは腸内環境が悪く(腸内の悪玉菌が多く善玉菌が少ない)、それが脳内のセロトニン生成に悪影響を与えていると考えられるようになりました。

便秘


医療現場でもプロバイオティクスがうつ病の治療に取り入れられてきている


これまで、心療内科や精神科で行われるうつ病の治療といえば、抗うつ薬の処方が一般的でした。しかし、これは単なる対処療法(薬で一時的に脳内のセロトニンを増やし抑うつ気分を改善する)であり、根本的なうつ病の治療にはなりません。

しかし、最近では腸内の善玉菌を増やす薬も合わせて処方する医師も増えてきました。ある医療機関のデータによると、抗うつ薬にプラスして腸内の善玉菌を増やす薬を処方した場合では、そうでない場合と比べて、9割のうつ病患者に抑うつ状態の改善がより顕著に見られたことが確認されています。

腸内細菌(善玉菌)は簡単に増やせる


腸内細菌(善玉菌)を増やす食品としては、善玉菌の代表格である乳酸菌を多く含むヨーグルトが有名ですが、効率的に腸内の善玉菌を増やすならオリゴ糖がおすすめです。

その理由として、腸内には30種類以上の善玉菌が生息していますが、乳酸菌はその中の善玉菌の一つに過ぎず、ヨーグルトだけをたくさん食べても一部の乳酸菌が増えるだけです。しかし、オリゴ糖は腸内ですべての善玉菌の餌になり、腸内に生息しているすべての善玉菌を効率的に増やすことができるのです。

オリゴ糖なら何でもOK?


スーパーに行くと”オリゴ糖”と書かれた商品をよく見かけますが、これらの商品はオリゴ糖の含有率が30%くらいで、純度の高いオリゴ糖とは言えません。もちろんスーパーで売られているオリゴ糖にも腸内の善玉菌を増やす効果はありますが、より高い効果を実感したいなら、純度の高いオリゴ糖がおすすめです。

カキテキオリゴがおすすめ!


カキテキオリゴは、腸内の善玉菌を効率的に増やせるように改良された純度の高いオリゴ糖(健康食品)です。日本国内では一番売れているオリゴ糖であり、便秘や下痢に悩む方たちの間で大変重宝されている商品です。本格的にプロバイオティクスをうつ病の治療に取り入れたいなら、カイテキオリゴをおすすめします。

カイテキオリゴを実際に注文してみました


筆者はかれこれ5年以上もうつ病に悩まされており、且つ便秘ということもあり、腸内細菌(善玉菌)を増やすためにカイテキオリゴを実際に注文してみました。尚、カキテキオリゴはヨーグルトやコーヒー、お茶などに混ぜて飲むことができるので、とても手軽です。

↓注文してから5日で届きました

商品イメージ


PS.カキテキオリゴには全額返金保証があります。万が一にも効果がなかった場合(便秘が解消されないなど)、商品到着から25日以内に連絡をすれば、購入代金は全額返金してもらえます。

さっそく便秘が解消された


↓届いたその日からカキテキオリゴをコーヒーに入れた飲んでみました

オリゴ糖入りのコーヒー


2日目の朝からお腹がグルグル音を立て始め、驚くほどドッサリと出ました。それから毎朝カキテキオリゴを入れたコーヒーを飲むと、30分くらいするとお腹がグルグルと音を立て始め、驚くほど快便です。

生まれてこの方、毎日出ることなんてなかったのですが、感動するくらい毎日ドッサリと出てくれます。腸内の善玉菌が急激に増えたのを実感できました。

うつ病にも効果があった


では、肝心のうつ病への効果はどうだったのか?結論から言うと、カキテキオリゴ入りのコーヒーを毎日飲むようになってから、かなり抑うつ気分が改善されました。もちろん、抗うつ薬も飲んでいましたが、カキテキオリゴを試す前と比べて、明らかに気持ちに違いがあります。

具体的には仕事に対してのやる気がアップしたのと、以前よりも物事を前向きに考えられるようになりました。腸内の善玉菌が増えたことで、結果的に脳内のセロトニンが増えたことが影響していると考えれます。

抗うつ薬も思い切って止めてみました


プロバイオティクスの効果(腸内の善玉菌が増えた効果)を正確に測るため、抗うつ薬の服用を思い切って止めてみました。

↓以下は私が服用していた抗うつ薬(レクサプロ)です

飲みかけのレクサプロ


服用を止めて1ヶ月以上経ちますが、抑うつ気分に悩まされることはありませんし、毎日プラス思考でいろいろなことに取り組むことができています。あくまでも私の場合ですが、カキテキオリゴ入りのコーヒーを毎日飲むことで腸内細菌(善玉菌)が増え、結果的にうつ病も改善することができました。

抗うつ薬は急に服用を止めるとひどい離脱症状(頭痛や耳鳴り)に苦しむことがあります。私が服用していたレクサプロは離脱症状が出にくい抗うつ薬のため、私の場合は独断で止めてしまいましたが、抗うつ薬の服用を止める場合は必ず医師に相談をしてください。抗うつ薬の服用を止める場合は、量を減らして徐々に断薬するのが一般的です。急に断薬をして離脱症状が現れても、こちらでは一切の責任を負いかねます。

カイテキオリゴの体験談、値段や効果について詳しく知りたい方は、以下のリンクから公式サイトへお進み下さい。

⇒カイテキオリゴの公式サイトへ

このエントリーをはてなブックマークに追加