うつ病で具合が悪くなる理由について

うつ病で具合が悪くなる理由について

このエントリーをはてなブックマークに追加
具合といっても様々な定義がありますが、総じて、うつ病になると精神面、身体面ともにそれ以前よりよくなることはまずありません。さまざまな機能の低下がうつ病によって引き起こされ、つらい症状となります。

倦怠感とうつ病


総合的な具合の悪さということで、まず倦怠感についてみていきましょう。うつ病になると、疲労感が蓄積し、物事を行うのが億劫になります。精神的なやる気のなさとともに、身体的にも、能動的に動くことができなくなってしまいます。脳内のセロトニン不足によって、それらの症状が引き起こされるわけですが、直接的な影響に加えて、睡眠障害によって眠りが浅くなったり、長時間眠れなかったりすることで、疲労感は蓄積し、より具合が悪くなります。

スポンサーリンク


悪循環は繰り返され、症状は蓄積→悪化します。外に出て、体を動かすことで、ホルモンの分泌を促し、体内のバランスをより正常に近い状態に戻すことが必要なのですが、具合の悪さの原因がうつ病で、それが解決されないわけですから、元を何とかしないといけません。やはり、ある程度の段階までは、医師の診察に基づいた薬の服用によって、動ける状態まで上げるしかありません。しかし、副作用という問題もあり、そこがうつ病の厄介なところです。

「仮面うつ病」と具合の悪さ


うつ病の亜種として「仮面うつ病」と呼ばれるものがあります。話題の「新型うつ病」とは違います。仮面うつ病は、うつ病の表の症状が仮面をかぶっているかのごとく現れていないためそう呼ばれるもので、要は、精神的な落ち込みなどはなく、身体的な症状「だけ」が現れているものです。ただし、どういう人がこれになるかは分かっていませんが、過度のストレスやプレッシャーなどと言われています。うつ病から精神的症状を除くと、風邪などの体調不良に近いものになります。頭痛、倦怠感、食欲不振、悪心、下痢・・・、言い換えれば「具合が悪い」ということになります。風邪ではないので、風邪薬や抗生物質などは効くこともなく、放置すると、精神症状をともなった本来の「うつ病」になります。具合の悪さは、その初期症状、サインともいえるものです。具合が悪くてもいきなり精神科、という人はまずいないと思いますが、内科的な治療を続けてもよくならず、なおかつ検査でも異常が見当たらないのであれば、仮面うつ病を疑い、体の悲鳴、サインを見抜きましょう。


スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加