うつ病と頭痛、肩こりについて

うつ病と頭痛、肩こりの関係について

このエントリーをはてなブックマークに追加
うつ病になると精神的な症状だけではなく、身体的な症状として、頭痛や肩こりが出てきます。これらは、抑うつ的ではない状態でも出てくることがあるため、しばしば「仮面うつ病」の症状としても挙げられます。ここでは、それらについて見ていくことにしますが、いずれも脳内の物質がうつ病によって影響を受けるため現れる症状になります。

うつ病による頭痛の原因


確実なメカニズムは分かっていませんし、うつ病すべての人に出る症状でもないのですが、頭痛に苦しむ人がいます。以下はそうだろうという仮説になります。セロトニンと同様に、脳内には「モノアミン」という物質があり、うつ病によって、そのモノアミンも減少するとされています。

スポンサーリンク


モノアミンは、痛みを減らす効果もあり、その現象は、より頭痛を感じやすくしてしまうのです。その結果、通常なら感じない程度のものでも、頭痛として感じてしまうのです。対処法は、そもそものうつ病を治すのが一番ですが、対処療法的になりますが、カロナールなどの一般的な鎮痛剤を処方してもらい、服用し、痛みを抑えるという方法があります。いうまでもなく、恒常的に鎮痛剤を飲むのはお勧めできません。注意してください。

うつ病と肩こりの関係


こちらも確実なメカニズムは分かっていません。ただ、疲労感や倦怠感をともなう肩こりは、うつ病の症状の1つであると言われています。抑うつ的な症状がないうちでも、いわば「うつ病のサイン」として肩こりの症状が出ることがあります。しかし、通常の肩こりとはなかなか見分けがつきません。普段、肩こりがない人が急に肩が重くなるなどの症状が出た場合はうつ病の可能性を疑ってみるのもいいでしょう。また、最近では、うつ病の原因は首や肩のこりにある!という人も出てきています。確実なことはいえませんが、こりを解消したことでうつ的症状が減った人がいるようです。ただ、これは従来のうつ病とは違う機序による症状のような気がします。

「仮面うつ病」はうつ病のサイン


抑うつ症状が出なくても、身体的な症状だけが出る状態を「仮面うつ病」といい、頭痛や肩こりもその症状の1つです。そのうち精神的な症状にも発展します。普段と違う身体的症状が恒常的に出てきたら、それを疑ってみるのも必要かと思います。


スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加