うつ病になった時の適切な行動について

うつ病になってどうしたらいいかわからない場合にすべきこととは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

うつ症状ではないかと思われる状態を感じたら、専門の医師に相談するべきです。自己流の判断や治療は、かえって症状の悪化を招いてしまいます。とはいうものの、「精神科」の門をくぐるというのは、世間的な評判(これは以前と比べてかなりよくはなっていますが)や自分のプライドもあり、なかなかハードルが高いという人も多いと思います。ただ、放置はできませんので治療が必要になります。ただ、単に医者に行けばよいというような「正しい答え」はなく、その狭間で揺れることになります。

自分で抱え込まないことが大切


うつ病になりやすい人は、責任感が強く、さまざまなストレスを抱え込んでしまうような人が多いとされています。うつ病になっても、我慢して耐えて、症状をさらに悪化させてしまうようなことも多いのです。

ここは、小さなプライドは捨て去って、家族など親しくなおかつ信頼のおける人に思い切って相談してみましょう。つらさを吐き出すことで、楽になることもありますし、いろいろなアドバイスを受けることもあるかもしれません。ひょっとすると、相談した人の知り合いでうつ病を経験した人がいるかもしれません。その場合、その時の回復法を知ることができたりしますね。

また、勤務先に「心の相談窓口」のようなものが存在すれば、そこに相談するのも1つの方法です。基本的に会社のメンタルヘルス部門は守秘義務は守られなければならないことになっていますので、大丈夫だと思います。

カウンセラーや精神科医がその担当である場合が多く、自分の症状などを話せば、適切なアドバイスが受けられます。すぐに精神科へ行くべきなのか、通院中の場合はどういう薬を飲むべきなのか、第3者の立場から客観的なアドバイスを受けられます。

精神科選びは慎重に


意を決して、精神科へ行くことになると思いますが、事前にネットでもいいので評判を見ておきましょう。残念ながら、医師の中には多量の薬を投与して「薬漬け」にしてしまう人もいます。

逆にカウンセリングや漢方薬などを併用して、脳への負担をあまりかけない治療法を取る人もいます。抗うつ薬の服用は決していけないことではありませんが、自分合わないと思ったら、病院を変える勇気も必要です。

ともかく、一番ダメなのは一人で抱え込むことです。何らかのアクションを起こして、他人に症状を理解してもらうことが大切です。


スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加