うつ病で怒りっぽくなる理由について

うつ病で怒りっぽくなる理由について

このエントリーをはてなブックマークに追加
うつ病は一般的には、抑うつ的になり、どちらかというと悲しくなり、落ち込んでしまうことが多いのですが、反対に、感情的になり怒りっぽくなってしまうと捉えられてしまうこともあるようです。ここでは、どうしてそうなるかについて説明します。脳内のセロトニン(不足するとうつ病の原因になる脳内神経伝達物質)不足が、肯定的な思考を阻み、イライラを加速させてしまうのです。

感情のコントロール


うつ病によるセロトニン不足によって、感情が落ち込んでしまう状態になっています。人によっては、マイナス面への感情の落ち込みだけで済むのですが、逆に言えば、感情をうまくコントロールできなくなってしまっている状態であり、イライラが加速したり、不安感に苛まれたりしています。その結果として、やるせない気持ちから、感情を強く出してしまう=怒りっぽくなってしまうことがあるようです。

スポンサーリンク


うつ病の治療には、精神安定剤を併用することも多いです。不安感が減り、ネガティブな思考もそれで落ち着いてきます。怒りっぽい様子もそれによって減ってくるのではないかと思います。

怒りの感情の処理の大切さ


うつ病になりやすい人は、どちらかというと、あまり怒らず、自分が責任をかぶることによって物事を処理するタイプが多いようです。結果として、責任感や自責の念がうつ病を呼び込んでしまい、うつ病になってからは、病気の症状でさらにそれらが増大し、苦しみます。あるとき、たまりにたまった怒りの感情が爆発し、大事になってしまうこともあり得ます。普段から、適度に怒りの感情を処理できる人は、うつ病に対する耐性も強いようです。これは、むやみに感情を外に出して、怒鳴り散らかせといっているわけではありません。ほかのことに上手に感情を昇華できる人が、怒りをコントロールできる人です。イライラ感は、単に他者へのものだけではなく、自分自身も追い込んでしまいます。怒りっぽくなっているということは、うつ病がうまく回復していないことの表れでもあり、重要なサインともいえます。医師、カウンセラーなどとも相談しながら、上手に感情をコントロールしつつ、怒りっぽさを減らしていきましょう。


スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加